FC2ブログ
メルベーユ森のお店紹介と取り扱い商品の説明を中心に。また、趣味の宇宙・格闘技・社会・経済・家族の話やちょっと辛口の話をしていきます。

やったね!日本勢メダル1、2号・・・スピードスケート

やったね!日本勢メダル1、2号・・・スピードスケート

スピードスケート男子500メートルで長島圭一郎さんが銀、加藤条治さんが銅メダルを獲得しました。今大会の日本選手団初メダル獲得で2002年ソルトレークシティー五輪で清水宏保さんが銀メダルを取って以来、2大会ぶりのメダルとなりました。オリンピックがはじまってからなかなかメダルが取れないのでフラストレーションが溜まっていました。スピードスケート短距離は日本のお家芸です。1000メートルや女子もがんばってほしいですね。

銀メダルを獲得した長島圭一郎さんは合計で1400万円、加藤条治さんには800万円の報奨金が出るそうです。内訳は両選手が所属する日本電産サンキョーから優勝者に2000万円、2位に1000万円、3位に600万円を贈ることを決めていて、日本スケート連盟と日本オリンピック委員会(JOC)の五輪報奨金はともに金に300万円、銀に200万円、銅は100万円となっています。

お金が目当てではありませんが、メダルを獲得した選手は所属する会社の報奨金を除くと400万円と200万円となります。外国に比べて格段に少ない金額です。苦しい練習を越えてメダルを獲得した選手にもう少し出してあげてもよいと思います。

スピードスケートで銀、銅を獲得したあとにフィギュアスケート・ペアフリーが行なわれました。ショート・プログラム(SP)3位につけた川口悠子、アレクサンドル・スミルノフ組(ロシア)はフリーで逆転ならず、4位に終わりメダル獲得を逃しました。演技を見ていましたが、ミスが3回あり、メダルを獲得できなかったのは仕方ないことだと思います。プレッシャーもあったのでしょう。

川口悠子さんは、オリンピックに出場するために昨年1月にロシア国籍を取得しての参加です。小さいときからフィギュアに取り組み、高校時代は荒川静香、村主章枝がライバルだったといいます。12年前、長野オリンピックのペアに出場したロシアの女性選手に憧れ、その選手を教えていたタマラコーチに手紙を書き、師事を願い出ました。難色を示すコーチに対し、川口悠子さんはしつこく頼み続け、ようやく入門を許されたのです。1999年ロシアに渡り、敏腕コーチのもとで着実に力をつけ、2009年世界選手権3位、今年1月の欧州選手権では優勝を果たし、期待が高まっていました。

体重は38キロしかありませんが、ペアではとても貴重なことです。ペアスミルノフさんは「ロシアでは体重の軽い女の子を探すのは難しい。その上、彼女はトリプルジャンプもできる」と言っています。何とかメダルを獲得してほしかったですが、彼女の勇気と固い意志、強い信念にエールを贈りたいと思います。

明日からのスピードスケートやフィギュアスケートでの日本人選手の活躍が楽しみです。メダルへのプレッシャーも少し解消し、思い切って自分の力を発揮してほしいと思います。できれば金メダルをとってほしいです。

     長島圭一郎さん
[ 2010/02/16 14:51 ] 社会 | TB(-) | CM(-)

「アネクドート」と「ブラック・ユーモア」

「アネクドート」と「ブラック・ユーモア」

今日から確定申告の受付がはじまりました。申告が必要なのは自営業者や農家、年金受給者のほか、年収が2000万円を超えるサラリーマンなど。また、マイホームをローンで購入したり、年間10万円を超える医療費を支払ったりした場合は、還付申告で税金の払い戻しを受けることができます。私も自営業者なので確定申告が必要です。申告は大変ですが、納税は国民の義務なので、きちんと申告、納税します。どこかの人みたいにできるのならそうしたいですが、そんなことは許されるはずもありません。

今回は「アネクドート」と「ブラック・ユーモア」をお話します。「アネクドート」はロシア語では滑稽な小話全般を指しますが、日本ではそのうち特に旧ソ連で発達した政治風刺の小話を指して用いられます。本来この言葉はギリシャ語のアネクドトンに由来し「公にされなかったもの」の意を表します。アネクドートは、共産主義政権や軍事政権、独裁政権下で抑圧を余議なくされている民衆の中に優れた作品が多いのが特徴です。

「アネクドート」の一例として有名なものがあります。モスクワの街頭にて。「今度『プラウダ』が懸賞つきで政治ジョークを募集するらしいぜ。」 「へえ、一等賞はなんだい?」 「シベリア送りさ。」

「ブラック・ユーモア」は世相と人柄を皮肉ったユーモアです。穏やかなユーモアと比べて不愉快に感じる人間が多い一方で、その刺激を楽しむ人もいます。風刺画や風刺言葉も同じ「ブラック・ユーモア」だと思います。日本人は、アネクドートもブラック・ユーモアを苦手とする民族で、平和すぎるのか、世の中を斜めに見る習慣がないのか、秀逸な作品はほとんどありません。

そんな中で、最近「謎の鳥」が流行しています。日々ヴァージョンアップしていて、誰が作ったのかわかりませんがよくできた「詩」です。先日の産経新聞や笹川陽平日本財団会長のブログでもとりあげていました。笹川陽平日本財団会長は最後の一行を付け加えていますが、とても上手く座布団5枚差し上げます。

日本でも「アネクドート」と「ブラック・ユーモア」が出てくるようになったことは、良い世の中ではないということなのかもしれません。それではバージョンアップされた「謎の鳥」をご紹介します。毎月ご紹介している、心に残った「詩」としてご紹介してもよいほどの出来ばえです。

    「謎の鳥」
日本には謎の鳥がいる。
正体はよく分からない。
中国から見れば「カモ」に見える。
米国から見れば「チキン」に見える。
欧州から見れば「アホウドリ」に見える。
日本の有権者には「サギ」だと思われている。
オザワから見れば「オウム」のような存在。
でも鳥自身は「ハト」だと言い張っている。

「カッコウ」だけは一人前に付けようとするが
お「フクロウ」さんに、「タカ」っているらしい。

それでいて、約束をしたら「ウソ」に見え
身体検査をしたら「カラス」のように真っ黒、
疑惑には口を「ツグミ」、
釈明会見では「キュウカンチョウ」になるが、
頭の中身は「シジュウカラ」、
実際は単なる鵜飼いの「ウ」。

「キジ」にもなる「トキ」の人だが
私はあの鳥は日本の「ガン」だと思う。

国民は「ウ」の目、「鷹」の目で監視しているぞ!!(笹川陽平日本財団会長追加)


確定申告 かけ声むなし? 鳩山首相「税金払って」

鳩山由紀夫首相は15日、首相官邸で記者団に、16日から始まる所得税の確定申告期間を控えて「国民には当然税金を払っていただき、国民の暮らしを守る政治を作り上げていく」と指摘した。鳩山首相は実母からの資金提供問題で修正申告しており、「政治に対する信頼を回復させていかなければいけない。自らも戒めながら、この国をさらに良い国にしていくため、国民に税金をお支払いいただきたい」と述べた。2月15日19時53分配信 毎日新聞


大変よくできたブラック・ユーモアです?。むかし「あなたとは違うんです」という方もいましたが、よく言えたもので感心するというよりも怒りさえおぼえます。
[ 2010/02/16 10:49 ] 社会 | TB(-) | CM(-)
令和2年8月のイベント情報
マウスをあてるとスクロールが止まります

〇生活応援価格でご奉仕中!

のみ応援特典券でメガネ・ウオッチ・ジュエリーを。

〇強い日差しから目を守る調光レンズ

車の中でも色が変わる可視光調光も。

〇ジュエリーリフォームフェア開催中!

デザインが古くてご使用されていないリングやネックレスを

最新のデザインにリフォームしませんか 相談会開催中。

〇遠近両用・中近両用・デスクワーク用メガネが便利です。
  
あなたに合ったメガネを認定眼鏡士がアドバイス。
   
〇ご不要になった金・プラチナ・ダイヤ・銀を生活応援価格で高く現金買取り、下取りします。

金・プラチナ100g/50g/20g/10gも販売しています。

〇7月の誕生石はペリドットです。

お店のご紹介

(株)メルベーユ森

Author:(株)メルベーユ森
宝石・メガネ・時計
補聴器・宝石のリフォーム
金地金販売、買取り

石川県能美市大成町2-5
根上ショッピングタウン
(マルエー根上店さま前)
TEL :(0761)55-0096
FAX :(0761)55-5331
営業時間 8:30~19:00
定休日:水曜日
1925年(大正14年)創業
今年で95年目を迎えました

◎SS級認定眼鏡士2名
◎石川県公安委員会許可
  第511060011995  

ご訪問ありがとうございます
最近のコメント
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -