FC2ブログ
メルベーユ森のお店紹介と取り扱い商品の説明を中心に。また、趣味の宇宙・格闘技・社会・経済・家族の話やちょっと辛口の話をしていきます。

三沢光晴さんDEPARTURE~フォーエバー~

三沢光晴さんDEPARTURE~フォーエバー~

きのう7月4日ノアの聖地、ディファ有明で6月13日にリング上の事故で急逝した三沢光晴さんのお別れ会に予想をはるかに超えた2万6千人が集まりました。お別れ会ですがDEPARTURE(旅立ち)として、その遺志を全プロレスラーの方に受け継いでほしいと思います。

団体の垣根を越えて、多くのプロレスラーが参列していました。ジャンボ鶴田選手が外国での肝臓移植手術中に亡くなることをきっかけとして臓器移植問題などに積極的に取り組んでいました。プロレスファンを超えた三沢光晴さんの人柄に共鳴する多くの方が参加していたのもその参列者数にあらわれていたと思います。

第一部のお別れ会で徳光和夫さんが弔辞を読み上げ、50歳過ぎたら政治家となってもらいたかったとのべていました。人格者であり、人間的にも魅力のあるレスラーでした。低迷するプロレス界ですが、リングで戦う姿に多くの勇気と感動をいただきました。自分自身の人生をオーバーラップしているプロレス、今後盛り上げるために、乱立気味の団体が協力して隆盛するように一致団結してがんばってほしいと思います。

きのう日本テレビで追悼番組が1時間放送されていました。こちらは明日6日の26時54分からテレビ金沢で放映されます。2万6千人が訪れた「お別れ会」の様子や小橋・健介・蝶野・藤波・曙らの追悼インタビューも紹介。また三沢選手の過去の激闘・名勝負を、生前の秘蔵インタビューとともに振り返ります。全日本時代からは、J鶴田戦・ハンセン戦・川田戦・2年連続年間最高試合の小橋戦など。ノア時代からは、他団体選手との対抗戦・交流戦、年間年間最高試合の小橋戦、ノア次世代担い手と激闘のGHC戦などを紹介されます。

遅い時間なので、録画して見たいと思います。三沢光晴さんの遺志を小橋選手受け継いでいってほしいと思います。新たなDEPARTURE(旅立ち)として、プロレスの発展と三沢光晴さんの魂は、ファンの心に永遠に刻まれることでしょう。~フォーエバー~三沢光晴さん、ありがとう三沢光晴さん。

三沢さんが全日本に入門した81年から、日本テレビのアナウンサーとして親交があった徳光和夫(68)=現フリー=は弔辞で「私利私欲を考えずプロレス界のため、人のために尽くした人」「ウソをつかない。人の誤りをきちんと正す。私腹を肥やさない」と人柄を紹介。「オバマ大統領のリーダーシップが君と重なりました」と惜しんだ。
徳光は「(最後に会った)1月下旬の様子は、言えないほど疲れていた」と回想。「死して名を残すのは男としての本懐。男として立派な人生を全うしたんじゃないか」と、故人をしのんだ。また、大相撲の富士ケ根親方(元小結大善)らも弔辞を読んだ。

6月13日にリング上の事故で急逝したプロレスラーの三沢光晴さん(享年46歳)=ノア=のお別れ会「DEPARTURE(旅立ち)」が4日、ホームリングのある東京・有明のディファ有明で営まれた。当初、一般参列者は5000人が見込まれていたが、5倍にもあたる約2万5000人が詰めかけ、長蛇の列は距離にして最大2・4キロにまで及んだ。第1部の来賓約1000人と合わせ、2万6000人という多くの関係者、ファンに別れを惜しまれながら天国に旅立った。

三沢さんが、多くの人と花に埋もれて盛大に旅立った。GHCヘビー級チャンピオンベルトを巻き、雄々しく見下ろす等身大の遺影に向かい、2万5000人が花をささげた。「みさわぁ、ありがとう!」と絶叫する男性がいれば、気を失い救急車で運ばれる女性もいた。献花台に使われたリングはトップロープから花があふれた。エメラルドグリーンのマットには全国から集まった人々の思いがぎっしり詰まった。

ホームに帰ってきた三沢さんに最後の別れを告げるために集まった参列者は約2万5000人。記帳受け付けの午後6時が過ぎ、日が沈んでも絶えることはなかった。蝶野正洋、曙らレスラー・関係者だけで行われた第1部には約1000人が集まり、一般には1時間後の午後2時から開放。最前列は前日午後4時半から並ぶ徹夜組だった。昼過ぎから人が集まり出し、午後4時をピークに1万人超え。会場のディファ有明から約200メートル離れた最寄り駅の新交通ゆりかもめ「有明テニスの森駅」では、最後尾に並ぶために2駅離れた「新豊洲駅」まで再び乗車して移動する人々の姿も多く見られた。

プロレス界では99年4月に東京・日本武道館で行われた故・ジャイアント馬場さん(享年61歳)のお別れの会の2万8000人に次ぐ規模。献花の列は距離にして最大約2・4キロに及んだ。午後2時過ぎには所轄の警察・消防から「安全上、予定時間の午後6時までに終わらせるように」との通達を受けたほどだった。中央区の晴海と江東区の豊洲を結ぶ全長580メートルの「晴海大橋」は片側の歩道が渡り切る寸前まで人で埋め尽くされ、3時間かけて献花台にたどりつく状況だった。最後に献花した都内在住の廣田麗子さん(30)は「三沢さん、今までありがとう」と話し涙ぐんだ。2万6000人の思いを集約する言葉だった。

◆主な参列者 ▽プロレス関係者 長州力、藤波辰爾、坂口征二、蝶野正洋、永田裕志、獣神サンダー・ライガー、天山広吉、佐々木健介、北斗晶、曙、谷津嘉章、ザ・グレート・カブキ、田中将斗、金村キンタロー ▽芸能関係者 徳光和夫、イジリー岡田(順不同、敬称略)スポーツ報知より引用しました。



[ 2009/07/05 12:25 ] 格闘技 | TB(-) | CM(-)
令和2年8月のイベント情報
マウスをあてるとスクロールが止まります

〇生活応援価格でご奉仕中!

のみ応援特典券でメガネ・ウオッチ・ジュエリーを。

〇強い日差しから目を守る調光レンズ

車の中でも色が変わる可視光調光も。

〇ジュエリーリフォームフェア開催中!

デザインが古くてご使用されていないリングやネックレスを

最新のデザインにリフォームしませんか 相談会開催中。

〇遠近両用・中近両用・デスクワーク用メガネが便利です。
  
あなたに合ったメガネを認定眼鏡士がアドバイス。
   
〇ご不要になった金・プラチナ・ダイヤ・銀を生活応援価格で高く現金買取り、下取りします。

金・プラチナ100g/50g/20g/10gも販売しています。

〇7月の誕生石はペリドットです。

お店のご紹介

(株)メルベーユ森

Author:(株)メルベーユ森
宝石・メガネ・時計
補聴器・宝石のリフォーム
金地金販売、買取り

石川県能美市大成町2-5
根上ショッピングタウン
(マルエー根上店さま前)
TEL :(0761)55-0096
FAX :(0761)55-5331
営業時間 8:30~19:00
定休日:水曜日
1925年(大正14年)創業
今年で95年目を迎えました

◎SS級認定眼鏡士2名
◎石川県公安委員会許可
  第511060011995  

ご訪問ありがとうございます
最近のコメント
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -