fc2ブログ
メルベーユ森のお店紹介と取り扱い商品の説明を中心に。また、趣味の宇宙・格闘技・社会・経済・家族の話やちょっと辛口の話をしていきます。

妻に言われて嬉しいひと言、ムッとするひと言

妻に言われて嬉しいひと言、ムッとするひと言

昨年話題になったサイトに「ほめられサロン」というのがありました。「性別」「年代」「職業」を選択し、呼ばれたいニックネームを入れると、「○○さん、かっこいい!」とか「○○、イイよ。まじでイイ!」とか「○○ちゃん、肌きれい」とか、それこそ怒涛のようにほめてくれます。1日10万件というアクセスは、いかに、人間が「ほめられたい動物」であるのか、そして日常で「褒められる」ことが少ないのかを表しているのかもしれません。

私もためしにやってみました。それこそ歯の浮くようなほめことばが怒涛のようにこれでもかと表示されます。ちょっとへこんだ時にアクセスしてみると元気にポジティブになれます。

ほめられサロン

賢い妻ほど、夫の上手な褒め方を知っています。たったひと言で、パートナーのやる気がぐんと上がる言葉もあれば、逆に一言で相手の気持ちを下げてしまう言葉もあります。そこで今回は、20代~50代の既婚男性に聞いた「妻に言われて嬉しいひと言、ムッとするひと言」です。

■嬉しいひと言 その1:かっこいい!

男性にとって「かっこいいかどうか」というのは大きなポイント。髪型や服装、容姿、などの外見はもちろん、自分の行為が「かっこいい」のか「かっこ悪い」のかを実はとても気にしているのです。ですから妻に「あなたって、かっこいい!」、子供に「パパ、かっこいい!」と言われたときには、もう福山雅治にも勝ったような気持ちになるのだそうです。

■嬉しいひと言 その2:すごい!さすがねぇ

世の中の旦那様は常に「妻に尊敬されたい」と思っていますので、「すごい!」のひと言は嬉しいもの。そしてそれにプラスして「さすがねぇ」のひと言があると、さらに嬉しさ倍増なのだとか。なぜなら、「すごい」が今の状態にスポットライトを当て、そこに感心しているのに対し、「さすが」は「既にすごいと知っていた、認めていた」という前提があり、その上で、今回改めてまた「すごいと感心した、実力を再認識した」とう敬意の継続性を感じさせる言葉であるからです。それゆえに、「既に以前から、妻は自分のことをすごいと尊敬してくれていたんだ」と思えて、旦那様の喜びも2倍に。「すごい」だけでなく、「さすがねぇ」を上手に使いこなすのが、ほめ上手妻のマル秘テクニックです。

■嬉しいひと言 その3:いつも御苦労さま

狩猟時代の昔から、男性は妻子のために外から獲物を獲ってくるのが仕事。21世紀の今も「夫は外に出て稼ぎ、家で待つ妻子を養うのが務め」という意識は、基本的に変わっていません。狩猟時代と違って、動物を追いかけたり、他の肉食動物と闘ったりすることはありませんが、ライバルと競ったり、上司に頭を下げたり、部下に気を使ったりしながら会社というジャングルの中での生存競争をくぐりぬけている男性。家に帰ったら「御苦労さま」と妻にその労をねぎらってもらいたいという願望を誰もが持っています。その願望に「御苦労さま。ありがとう」とキチンと応えてこそ、「彼女のために明日もまた頑張ろう」と旦那様が思える妻になれるのです。ここも前項とおなじく「いつも」という言葉をいれて感謝の「継続性」を示すと、さらに効果的です。

■ムッとするひと言 その1:かっこ悪い

「かっこいい」が最大のほめ言葉であるなら「かっこ悪い」は最強のけなし言葉。「かっこ悪い」と言われると容姿や行為をけなされたと感じるだけでなく「自分の存在そのものを否定された」「軽蔑された」とまで感じてしまうのだそうです。こちらは冗談めかして、軽い気持ちで言ったのだとしても、相手は深く傷つく言葉ですので、気楽に使うのはNG。たとえ旦那様が多少の失敗を犯しても、「かっこ悪~い」とすぐそこに突っ込ますに、時には見て見ぬふりをしてあげるのも賢い妻のテクニックです。

■ムッとする一言 その2:これだけ?頼りにならないわね

「女性から頼られる存在でいたい」というのも、男性が普遍的に抱いている願望の一つです。普段は妻の尻に敷かれているような男性でも、心の中では「いざというときには、夫である俺がリーダーシップをとるぞ」と考えています。そして「いざ、自分の出番」という時、「よし!ここで俺が!」とその場を仕切ったとたんに、「(あなたのできることは)これだけ? 頼りにならないわね」と妻にばっさり切り捨てられてしまっては立場がありません。災害や家族のけがなどの非常事態、あるいはアウトドアでの場面など、「夫のリーダーシップの見せ所」では、まずは夫を立ててあげることで、本来の実力を発揮してくれます。「頼りにならない」と思ってもがっかりした顔をせず、笑顔でサポートしてあげましょう。

■ムッとする一言 その3:ちゃんとしてよ

いつまでも子供っぽい男性につい言いたくなってしまう言葉。「脱いだ服をその辺に置きっぱなし」「マンガを読みながらごろごろ」など、子供の悪いお手本になってしまいそうな行為には、「ちゃんとしてよ」と旦那様を非難しがちです。でも言われた方は父の威厳が丸つぶれ。「子供の前で最も言われたくない言葉」という30代パパの意見もありました。ここは上手にその行為をたしなめ、やめさせる方向に自然と持っていくのが上級の夫コントロール術。「脱いだ服が置いてあるけど、これまた着るのかしら?」「○○ちゃんが、パパに一緒に読んでほしい絵本があるって言ってたわよ」など、さりげなく旦那様の次の行動を誘う発言で、緩やかに誘導してあげましょう。

いかがでしたか? 旦那様の気分をアゲるもサゲるも妻の一言にかかっています。ぜひ今回の記事を参考に、上手に旦那様を褒めて、伸ばしてくださいね。
[ 2010/05/23 16:59 ] その他 | TB(-) | CM(-)
令和6年5月のイベント情報
マウスをあてるとスクロールが止まります

〇のみ応援特典券両方とも使えます(5月31日まで)。

〇遠近両用(中近)メガネフェア開催中!
眼鏡作製技能士が最適なメガネをアドバイスします。

〇ナチュラルホワイトアコヤ真珠
無調色真珠2点セットがおススメ!

〇ジュエリーリフォームフェア開催中!
デザインが古くてご使用されていないリングやネックレスを
最新のデザインにリフォームしませんか 相談会開催中。
   
〇補聴器相談会好評開催中!
既製タイプやオーダータイプ、最適な補聴器をアフターも万全です。

〇ご不要になった金・プラチナ・ダイヤ・銀を生活応援価格で高く現金買取り、下取りします。

金・プラチナ100g/50g/20g/10gも販売しています。

5月の誕生石はエメラルドとヒスイです。

お店のご紹介

(株)メルベーユ森

Author:(株)メルベーユ森
宝石・メガネ・時計
補聴器・宝石のリフォーム
金地金販売、買取り

石川県能美市大成町2-5
根上ショッピングタウン
(マルエー根上店さま前)
TEL :(0761)55-0096
FAX :(0761)55-5331
営業時間 9:00~19:00
定休日:水曜日
1925年(大正14年)創業
今秋で99年目を迎えました

◎眼鏡作製技能士
◎石川県公安委員会許可
  第511060011995  

最近のコメント